エシカルな消費は誰でも簡単に行える

京都風呂敷どっとこむは魅力的なふろしきを製造していますが、このサービスを利用すればエシカル消費を実現することができます。

再生素材を用いて製品を作っているため、そういった商品を購入することで環境に優しい行動を起こすことができるでしょう。

エコ素材のふろしきと聞くと、品質がイマイチではないかと思うかもしれません。
ですが、京都風呂敷どっとこむで取り扱っているものは高品質なので安心です。

高品質なエコ風呂敷

一般的な材料を使用して作られているものと同じように高い強度を持っていますし、色やカラー、デザインも豊富だと言えます。

エシカル消費を実施するために納得できない買い物を行うことはおすすめできません。
このサービスが作っている製品のように、満足度が高いエシカルなアイテムを買うことで継続した活動を実現しやすくなります。

ふろしきは女性が持つものというイメージを持っている人もいるかもしれないですが、男性でも女性でも、大人でも子供でも持つことができるようなふろしきが販売されているので安心です。

ここでふろしきを購入することによって、満足度の高いエシカル消費を簡単に実現することができると知っておくと良いでしょう。

再生素材を使ったアイテムが人気

ふろしきを購入するのであれば、リサイクル素材を使用したエコイストがおすすめです。
これは、リサイクルされたペットボトルやフィルムなどを再利用することによって製造されているふろしきだと言えます。

エコイストの風呂敷を使う

新たに多くの資源を使う必要がないのでエコな製品です。
99.9%リサイクル素材が使用されており、約4.3本の再利用された500mlペットボトルを使用していることになります。

そのまま処分されてもおかしくなかったペットボトルが、きちんとふろしきに生まれ変わってくれていることが分かるでしょう。

豊富なラインナップとなっており、水彩風の洋柄のもの、星座や龍が描かれたもの、グラデーションが美しいものなどがあります。
老若男女問わず使用できる商品展開なので、誰でも購入することができるはずです。

エコイストは水洗いすることができるため、使用する中で汚れてしまった場合でも簡単に手入れすることができ、衛生的に使用することができます。

優れた特徴を持っているため、実際に多くの人がこの製品を購入していることを知っておくと良いです。
ふろしきの購入を検討するのであれば、エコイストを検討してみることがおすすめだと言えます。

エコで使い方もかんたん

レジ袋が基本的に有料化してからは、特にエコバッグへの関心は高まり続けています。

しかし、マイバッグ持参を忘れてしまったり、バッグの中でかさばるのを嫌がる人もまた多いです。

そんな人におすすめなのが、ふろしきの利用です。
ふろしきをエコバッグの代わりにすると良いという意見が、たくさん聞こえてきます。
結び方次第でいろいろな形に変化をさせることができ、便利に使用することが可能です。

ただあまり使い慣れてない人にとっては、結ぶのが難しいとか大変というイメージもあります。
しかし、使い始めてしまえば快適だという意見がほとんどです。

快適に使えるアイテム

まず用意すると良いのが、100センチ位ある大きなタイプです。
スーパーなどで使う買い物かごをすっぽりと覆える程度のものがあると、買い物も快適になります。

レジで会計が終わって袋詰めのスペースに移動をしたら、空のカゴに風呂敷を敷きます。
その上に購入した食材を順番に移していくと良いです。

詰め方はレジ袋の時と同じように、重いものを下に、軽いものは上に置くようにすると安定します。
食材を全て入れ終えたら、隣り合う端と端を結んでいくと完成です。

大きめの結び目を作って、取っ手がわりにすると、持ち運びにも困りません。

詰め方や大きさに工夫すればさらに快適に

風呂敷ならではの良いところもたくさんあります。
マイバッグに購入した食材をつめていくと、袋詰めの途中で食材が倒れてしまうなどのトラブルがよくありますが、風呂敷を使えばカゴの中に詰めていくことになるため、スムーズです。

スーパーのカゴに1つ分位の中身なら、大判の風呂敷を用意すれば十分に収納するスペースを確保することができます。

バッグに適した大きさ

ただし、ペットボトルや牛乳の大きなパックを買った時などは、1本程度なら問題は無いのですが、たくさん購入するなら厚みのあるしっかりとした素材や作りのふろしきがおすすめです。

コンビニを利用する人もたくさんいますが、スーパーに持っていくのと同じような大きいタイプを使うと、立ったままバッグの形にするのは簡単ではありません。
少し小さめのものを利用することで、ストレスを大幅に軽減することができます。

コンビニエンスストアには一般的に、袋詰め用の台などがありません。
レジに行く前に、ある程度バッグの形にしておくなど準備をしておくと良いです。

まず裏面が表になるように三角に降り、両端を1つに結びます。
縛る場所によってバッグにしたときのサイズが変わってくるため、買い物をするときの量を想定して結ぶのがおすすめです。

できたら裏返して、結び目が内側になるように袋状にしていきます。
最後に、上部を結んで持ち手にすると完成です。